デブでも女の子にモテるには?

日本人は体形に対してどことなく独特な感覚を持っているように感じます。

たとえば、先入観もその一つですね。

やせている人を見ると「神経質そう」であったり、太っている人をみると「おおらかそう」であったり、そういったステレオタイプな判断を無意識で感覚的に行っているような気がします。

特に異性に対する体形への思い込みは顕著です。

 

若い人に多い傾向がありますが、「モテるためにはやせないといけない」とか、「デブはモテない」といったように、どういうわけかそこからスタートしてしまうんですよね。

確かに人間見た目で大部分の印象が決定されるといわれていますが、それはあくまでも第一印象に限っての話。

付き合いを重ねて行くことで、実は多くの人が思っているよりも外見の作用というのは薄くなっていくのです。

 

とはいえ、体形を気にしている男性にとっては「デブ=モテない」ということを経験則で知っている人も少なくないと思います。

それは恐らく、偏見に対するイメージがあるからではないでしょうか?日本ではそこまでわかりやすくないですが、欧米社会では「デブ=自己管理ができない」と見なされている風潮が強く、さまざまな場面で差別的な扱いをうけることもあるようです。

そういった固定概念の延長線上に「デブ=非モテ」という考えにつながっているようにも感じます。

 

では、デブでも女の子にモテるには?どうしたら良いのか考えてみましょう。

まず第一段階として、デブがモテない原因を明確にしてみます。

(あ、もしも自分が太っていると思っている人は、これから触れる内容は分析にすぎませんので決して自分のことと思わず軽くスルーしていきましょう。

デブはそんなに悪いのかということですが、なぜデブであることでモテないのか?そこを検証してみる必要がありますね。

太っていることのマイナス、つまりデブがデブであることによって、異性にどういった迷惑や不快感をあたえているかという点。

わかりやすいのは、外見的な印象でしょうか?たとえば、汗。

太っている人はおおむね汗を常にかいているイメージがあります。

この汗自体は誰しもかくものですが、「常に」というところがマイナスポイントになっているように思います。

人間心理として、共感意識というものがありますが、平たくいうと「つられる」ということですね。

よく「あくびがうつる」ということをいいますが原理としてはこれと一緒で、汗を多量にかいている人を見るとこちらまで暑くなってくるという現象がおきるわけです。

 

これを解消する方法は簡単です。

もちろん、「やせる」というシンプルかつ合理的な方法がベストではありますが、もっと現実的で効果的な方法があります。

それは、ファッションの力を借りるというもの。

具体的にどんな方法かというと、ファッションによる視覚的効果を狙うというやり方です。

その秘密は色にあります。

人間、色によってそこから感じる印象が大きく変わります。

例えば黒と白をあげると、非常にわかりやすいですよね。

黒はそのままのイメージで「暗い」、「濃い」、「重い」という印象。

対して白は「明るい」、「薄い」、「軽い」という全く正反対のイメージになります。

 

これは着ている服にそのまま適用できますから、わかりやすく太っている人は白や水色などの淡色系のアイテムを選ぶと、「暑苦しい」というイメージを緩和することができます。

また、明るく薄い色の服は汗染みが目立ちにくいというメリットもありますので、デザイン面も機能面でも申し分ないというわけです。

 

色はわかったけれど、じゃあどんなデザインやジャンルの服を着ればいいのか?という点について次は触れていきます。

今度はマイナス面ではなく、デブでも人気のある人の秘密を考えていくとゴールに近づいて行くと思います。

たとえば、人気のあるテレビタレントさんで太っている人を思い浮かべてみましょう。

様々なタイプの人が浮かんできますが、共通しているのが「優しそう」、「おおらかそう」、「包容力がありそう」といった癒し系のイメージではないでしょうか?

ホンジャマカの石塚さんのトレードマークであるオーバーオールは「茶目っけ」+「かわいらしさ」をアップさせますので、デブでも笑顔に自信のある人はコーディネートに取り入れて挑戦してみると体形さえもプラスに働くことと思います。

また、バナナマンの日村さんのマッシュルームヘアーのように愛嬌がある特徴的な髪型にすることで、全体的な雰囲気をアップさせる方法もおすすめです。

チャレンジ精神がありファッションに興味がある人は奇抜なデザインのモード系の服とあわせると髪型とのマッチングがさらに効いてきますので、そうなるともはや太っているという体形はキャラクターに必要な要素になってきます。

 

他にもいろいろなスタイルがありますが、どんなコーディネートをするにしても思えておいてほしいのが「消極的にならない」という点です。

言葉にすると、マイナスを隠すことに必死になり最終的なバランスがちぐはぐになってしまうのは余計にNGです。

それよりも自分に似合うファッションを楽しみながら探して、プラスを多くしマイナスさえもプラスにするという気持ちでどんどんチャレンジしていくことで、気付いたらモテていたということを目指していきましょう!

 

以下のようなファッションワードで検索してみてください。

メンズファッションブランド / メンズファッション トレンド / メンズファッション 冬 / メンズファッション シンプル / メンズファッション 夏 / メンズファッション 秋 / メンズファッション 系統 / メンズファッション 30代 / メンズファッション 靴 / メンズファッション 秋冬 / メンズファッション アクセサリー / メンズファッション アメカジ / メンズファッション アウトドア / メンズファッション 青パンツ / メンズファッション 赤 / メンズファッション アンクルパンツ / メンズファッション インスタ / メンズファッション イタリア / メンズファッション イラスト / メンズファッション 色合い / メンズファッション インナー / メンズファッション 色気 / メンズファッション 一式 / メンズファッション italy / メンズファッション 海 / メンズファッション 腕時計 / メンズファッション wear / メンズファッション 雨 / メンズファッション エスニック / メンズファッション exile / メンズファッション エレガント / メンズファッション エスサイズ / メンズファッション おしゃれ / メンズファッション 大きいサイズ / メンズファッション オシャレ / メンズファッション おすすめ / メンズファッション お兄系 / メンズファッション オラオラ / メンズファッション オヤジ / メンズファッション オーバーサイズ
ページトップへ