女子ウケするメンズファッションとは

メンズファッションというのはレディースファッションに比べるとある意味、目的がハッキリしているといっても過言ではありません。

その目的というのはつまり・・・「いかにして女子にウケるか」というものですね。

もちろん、根っからのファッション好き男子はこう言うかもしれません。

「俺はただ、俺の好きな格好をするだけだ。

女の目線なんて関係ない!」と。

しかしそういったファッション硬派な男性は少数派であり、やはりメンズファッションを学ぶ多くの男性にとっての目的は「女子ウケを狙う」という部分が大半かと思います。

さて、では女子ウケするファッションってどんなスタイルなの?と単刀直入に知りたいという貴方、正直でよろしい(笑)そんな素直すぎる男性の皆さんにはこのサイトを通じて女子ウケするファッションスキルをしっかりと身につけて、是非ともモテモテライフを謳歌してもらいたいものです。

 

まず女子ウケするという概念を掘り下げていくときに、女性の心理的な部分への理解を
深める必要があります。

多くの女性は男性に比べ、共感意識が非常に強い傾向があります。

共感意識というのはわかりやすくいうと、「あ、これカワイイ♪」と自分が言ったものに対し「うんうん、カワイイね!」と誰か違う女性に言ってもらいたいという感覚のことです。

つまり、女性同士の見えない意識の安全サークル(円)が常に会話や距離感の中に存在していて、その安全サークルの外に自分が出ていないかということをいつもチェックしながら女性は他社とコミュニケーションをとっている傾向があるのです。

いや、そんなことないわ!とこれを読んだ女性からお叱りを受けるかもしれませんが、誤解を恐れずに言えば男性からは少なくともそう見えている部分があるので、ここでは一旦そういうことにしておいてください(汗)

そこで女子ウケするメンズファッションを考えるとき、この共感意識に当てはめてみると、
おのずと消去法でいくつかのファッションスタイルが導き出されます。

まず、初期段階で弾かれるのが、趣味性の高いスタイルです。

例えば斬新なモード系、ロックやパンクなどのハード系ファッション、ヒップホップなどのB系スタイル、そして日常的にはあまり見かけませんが90年代の黒服を主としたビジュアル系ファッションなどがこれに該当します。


もちろん、女性の中には自分でもそういった好みがあり、趣味で普段から趣味性の高いスタイルをしている人もいますので、相手の男性が自分と同じ趣味の場合であれば、何も問題ありません。

むしろ、相性面にとってはプラスに働くでしょう。

しかし、前述の共感意識を考えたとき、少数派の好みは多くの場合追いやられてしまいます。

むしろ、ひやかしや嘲笑の対象にさえなる可能性も十分に考えられます。

たとえば、頭にバンダナを巻き、リュックを背負い、ケミカルジーンズにチェックシャツをインといった、典型的なオタク系のファッションはもはや制服といっても過言ではないほど、逆の意味で市民権を得ていますよね。

ですから、女子ウケを狙う場合は単純に、これらの逆をいけば良いということがわかります。

女子ウケするメンズファッションとはつまり、無難であり、そして且つ清潔感があればなお良いというスタイルのことになります。

ジャンルでいえばカジュアル系、または軽いキレイめ系のコーディネートを指すことが多いでしょう。

具体的には夏であればシンプルなジャストサイズのTシャツにシルエットすっきりとしたジーンズだけでもOKです。

春秋であれば、それにジャケットを羽織るだけでもキマったります。

冬はキレイめのコートでインナーをタートルネックやボタンシャツで着まわしても良い感じになりますね。

イケメンであれば、オールシーズン女子ウケはこれでもう何もいうことはありません。

イケメン以外の方は・・・違うところでポイントを稼げばノープロブレムです(笑)

どうですか?結構、シンプルですよね?「女子ウケ」という言葉を難しく考えてしまうと
思考停止になりがちですが、要はポイントを抑えることを意識するだけで女子ウケするスタイルはクリアできますから、あとは力を入れずに自分の好きなテイストを少しずつ取り入れて、自分流のコーディネートを楽しむのが一番です。

仮に、自分の好みが趣味性の高いものや一般受けしないジャンルであったとしても、目立たないようにワンポイントだけコーディネートに取り入れたり、小物に自分らしさを出すなど全体のバランスが崩れないようにルールを決めておけば心配はいりません。

最後に、ファッションを考えるときに女子ウケを意識することは大切ですが、周りの事ばかりに気を遣って自分が楽しくない状態になるのは考えものです。

ファッションはどこまでいっても生活を楽しくさせるものに過ぎませんから、形やルールにばかり囚われず、ときには自分の気持ちに正直になって背伸びやチャレンジをして失敗を体験し成長することもきっと悪くはないですよ。

男性の皆さん恐れずにファッションを楽しんでいきましょう!

 

以下のようなファッションワードで検索してみてください。

メンズファッションブランド / メンズファッション トレンド / メンズファッション 冬 / メンズファッション シンプル / メンズファッション 夏 / メンズファッション 秋 / メンズファッション 系統 / メンズファッション 30代 / メンズファッション 靴 / メンズファッション 秋冬 / メンズファッション アクセサリー / メンズファッション アメカジ / メンズファッション アウトドア / メンズファッション 青パンツ / メンズファッション 赤 / メンズファッション アンクルパンツ / メンズファッション インスタ / メンズファッション イタリア / メンズファッション イラスト / メンズファッション 色合い / メンズファッション インナー / メンズファッション 色気 / メンズファッション 一式 / メンズファッション italy / メンズファッション 海 / メンズファッション 腕時計 / メンズファッション wear / メンズファッション 雨 / メンズファッション エスニック / メンズファッション exile / メンズファッション エレガント / メンズファッション エスサイズ / メンズファッション おしゃれ / メンズファッション 大きいサイズ / メンズファッション オシャレ / メンズファッション おすすめ / メンズファッション お兄系 / メンズファッション オラオラ / メンズファッション オヤジ / メンズファッション オーバーサイズ
ページトップへ