女性ウケするメンズ香水

今回は香りの話です。

香りといっても食べ物や花の香りではなく香水の話です。

男性目線で考えたとき、香水を付けている男性をどう思いますか?ファッションに興味があるオシャレさんであれば、「おっ、やるな!」とか「これ何の香水だろう?」と好意的に捉えると思いますが、硬派な体育会系のメンズの皆さんの中には香水を付けた男性に対して「けっ、キザな奴」とか「チャラチャラしてんじゃねえよ」とか思う人もいるかもしれません。

まあ、感じ方は人それぞれですが、ファッション好きな若者を始め芸能人やモデルはもちろん、世の中には香水を常日頃から愛用している男性は多くいますので、今やメンズ香水というものは一般的なジャンルになってきているという空気は確かに存在します。

 

では、女性目線では香水を付けた男性に対し、一体どういったイメージを抱いているのだと思いますか?実は、少なくない割合の女性がメンズ香水に対して良い印象をもっているという調査結果が発表されているのです。

もちろん、香水もファッションの一部ですから、特に女性にとっては「誰が付けるのか」という部分は外すことができない当然重要な部分になってきますが、イケメン芸能人やモデル以外は許さない!というわけではなさそうですので、女子ウケするメンズ香水をマスターするために、まずは香水についての「いろは」を学んでいきましょう。

 

先ほど香水はファッションの一部といいましたが、香りという見えないものをファッションと呼ぶことに抵抗がある人もいるかもしれません。

しかし、ファッションというものが一人の人間の雰囲気を作るための演出であると考えれば、香りもその中の一つであるという考えは不自然ではないと思うのです。

だって雰囲気も香りも、実際には目に見えないものと言う意味では一緒ですよね。

ということで、ファッションとしての香水を考えていくときに避けては通れないのが、TPOを意識するということです。

これは香水に限らず、どんなに「オシャレだから」とか「好きだから」というものであっても、その格好やアイテムがその場にふさわしくなければ、その良さが伝わらないだけでなく逆に大きなマイナスになってしまいますから、これから香水にチャレンジするにあたっては十分に気をつけてほしいポイントになります。

特に香りに対して過敏な人は大きく拒否反応を示しますから尚のことです。

 

では、まずどういった部分に気をつればいいのかというと、ビジネスの場がとりわけ注意が必要です。

接客業やオフィスワークなどのように常に他人と近い距離でコミュニケーションを取らなければならない業種の人で香水を付けたい場合、初めの内は香るか香らないかという極微量に、香るように調整する必要があります。

香りというものは、慣れてくると感覚がマヒしやすいので、香水を付けない人に比べ、いつも香水を付けている人は自分の香りが感じにくくなりがちですので、とにかくつけ過ぎには要注意です。

また、人と食事する際に、その直前に香水を付けるというもの避けましょう。

 

つぎに香水を付ける場所についてですが、基本は足首につけるということを覚えておけばOKです。

香水の特徴として体の下半身から上半身にいくにつれて、付けた場所の香りが強くなるという傾向があります。

これは、香りを感じる他人の鼻の位置が頭部にあることも大きい理由の一つです。

香水は体温の高いところにつけると香りが丸くなりますので、そういった意味でも足首は香水向けの最適な場所といえます。

 

ではどういった香水を選べば良いの?という問題ですが、これは最終的には極論「好みの問題」になってしまいますので、万人向けの女性ウケするメンズ香水というもの自体は存在しないことになりますが・・・それをいったら元も子もないですので(笑)比較的人気があり、入門用として向いている失敗が少ないアイテムについて触れてみたいと思います。

 

一般的に香水には大きく分けて以下のタイプがあります。

パルファン、オードトワレ、オーデコロンの3種類です。

厳密に区分けするとその中間にあたるものもありますが、最初の内はこの3つの違いがわかればOKです。

香りの強さや持続性の高い順にパルファン、オードトワレ、オーデコロンと並びます。

初心者の内はオードトワレやオーデコロンから徐々にトライしてみると良いでしょう。

 

香りの種類は爽やか系やセクシー系など実にたくさんの種類がありますが、女性ウケを狙う場合、最初は極度に甘い香りの物は避けた方が良いかもしれません。

定番の香水であればブルガリの「プールオム」やアランドロンの「サムライ」などが比較的女性ウケも良くロングセラーとなっています。

また、女性でも愛用者が多いカルバンクラインの「シーケーワン」なども初心者向けの香水です。

セクシー系を初めから目指したいのであれば、シャネルの「エゴイスト」にチャレンジするのもありです。

値段は少し張りますが、セクシーといわれる男性芸能人などにも愛用者が多く、付けるだけでセクシーさをアップできますから興味がある人はぜひお店に足を運んでテスティングしてみてください。

 

以下のようなファッションワードで検索してみてください。

メンズファッションブランド / メンズファッション トレンド / メンズファッション 冬 / メンズファッション シンプル / メンズファッション 夏 / メンズファッション 秋 / メンズファッション 系統 / メンズファッション 30代 / メンズファッション 靴 / メンズファッション 秋冬 / メンズファッション アクセサリー / メンズファッション アメカジ / メンズファッション アウトドア / メンズファッション 青パンツ / メンズファッション 赤 / メンズファッション アンクルパンツ / メンズファッション インスタ / メンズファッション イタリア / メンズファッション イラスト / メンズファッション 色合い / メンズファッション インナー / メンズファッション 色気 / メンズファッション 一式 / メンズファッション italy / メンズファッション 海 / メンズファッション 腕時計 / メンズファッション wear / メンズファッション 雨 / メンズファッション エスニック / メンズファッション exile / メンズファッション エレガント / メンズファッション エスサイズ / メンズファッション おしゃれ / メンズファッション 大きいサイズ / メンズファッション オシャレ / メンズファッション おすすめ / メンズファッション お兄系 / メンズファッション オラオラ / メンズファッション オヤジ / メンズファッション オーバーサイズ
ページトップへ