おすすめのメンズコーディネート

男性の皆さんはコーディネートという言葉を聞いて、どんな印象を持ちますか?「なんだか難しそう・・・」とか「そんなものは女子供のやることだ」とか、自分にはあまり関係のないこととして捉えている人が結構多いのではないでしょうか?たしかにコーディネートという言葉は男性よりも女性の方が親近感があると思います。

女性向けのサイトやファッション雑誌などでも、「○○コーデ」といった具合に多用されていますので、女性にとっては一般的なキーワードになっています。


そもそも、ファッションのコーディネートって何を指しているのか?というと、大雑把な意味においては「服の色や形や材質を上手に組み合わせて見栄えよく全体のバランスを整える」ということを指しています。

つまり簡単に言うと、服の組み合わせ方のことですね。

しかし、日本の男性社会を見回すと幼少期からこのコーディネートに対しては手薄になりがちな環境であることは否定できません。

物心ついたときからファッションに興味がある場合を除いて、男性の多くは小学校までの間は親に買ってもらったり選んでもらった服を着て生活し、中学校や高校では制服と運動着、そして社会人になればスーツという名の制服を着ていれば、わざわざ服装の事を考える必要はありませんから、服装についてとりたてて学ばずとも支障がないわけです。

しかし、完全にエスカレーター式で服装に無頓着でいられるのではなく、随所々々でファッションスキルが低いことでダメージを受けることになります。

顕著なのが中学、高校と異性を意識し出し色気付いてきたころの休日の服装であったり、制服のない中学高校や大学に通う際は特に顕著です。


この時期にそれぞれがどう感じたかによって、それ以降のファッションセンスやコーディネート技術に差がでるのではないかと思います。

思春期に自意識が高い人の場合は、異性からどう見られているかが非常に重要な関心ごとになりますので、自然に髪型や服装に気を遣うようになります。

こういったタイプの人は比較的オシャレさんに向かう傾向が強いです。

一方、「ファッションなんてナンパなことはしたくない!」とか「自分には無関係だし、目立つ格好をするのは恥ずかしいし・・・」といったようにファッション否定派に属してしまうと、どんどんコーディネートセンスを磨く機会を失っていきます。


こういった、2極化が進んでしまう原因に、家庭内のファッションに対する捉え方の差異と、教育機関に服装(特にコーディネート)に関する習得機会が少ないという点があげられますが、とはいえファッションについては大人になってからでも十分に学ぶことができますので、結局はファッションに対する意識や関心の差が、現在の日本人男性の服装に表れているのだと思います。


さて、ではこれからファッションに興味を持って上手にコーディネートできるようになるためにはどうすれば良いのでしょうか?そのためにはまず、何よりもインプットが重要になります。

できるだけ数多くのファッションを見て、自分がどういったジャンルやスタイルに魅力を感じるのかを知るということが大切です。

ファッションに限らず何かを習得するためには、社会的評価を受けているものや一流と呼ばれるものにいかに多く触れるかということがのびしろを大きくする方法として古今東西言われていますが、まずは自分の「好き」を見つけることが大事だと考えています。

結局は目標よりも好奇心のほうが最終的には強いのです。

男性でファッションを学びたいという人の多くは、恐らく「モテたい」という共通のゴールがあると思いますが、今までファッションに興味がなかった人がモテるためだけにファッションの勉強をすると途中で嫌になり、「服なんて着れればいいよ」と元の木阿弥になってしまうのがよくあるパターンです。


ですので、コーディネートを学ぶ際に意識するポイントは、自分の好みのスタイルをできるだけ早く見つけて、その好みを深堀りしていくということが大切になります。

例えば色々なファッションを見ているうちに、つい目に留まる服装やデザインが出てきます。

調べてみるとそれらの服は同じブランドやメーカーだったり、デザイナーが一緒だったり、素材が一緒だったりと、なにかしらの共通点がわかってきます。

そうなったら、しめたものです。

あとは自分の好奇心に忠実にそのジャンルにどっぷり浸かってみましょう。


それでも、なかなか気が乗らずファッションの勉強に着手できないと言う人は手っとり早くオシャレなコーディネートが出来る方法として、気になったお店に行きそこに飾ってあるマネキンを見て自分がオシャレだなと感じるマネキンを一体選び、全身そのまま購入してしまうというやり方です。

もちろん、購入する前に必ず試着をさせてもらい、似合っているかどうかなど店員の客観的なアドバイスをもらえばさらに良いです。

一人で行くのが恥ずかしい場合は知り合いに付き合ってもらうと気持ちが軽くなりますので、まずは気楽にウィンドウショッピングから始めてみましょう。

 

以下のようなファッションワードで検索してみてください。

メンズファッションブランド / メンズファッション トレンド / メンズファッション 冬 / メンズファッション シンプル / メンズファッション 夏 / メンズファッション 秋 / メンズファッション 系統 / メンズファッション 30代 / メンズファッション 靴 / メンズファッション 秋冬 / メンズファッション アクセサリー / メンズファッション アメカジ / メンズファッション アウトドア / メンズファッション 青パンツ / メンズファッション 赤 / メンズファッション アンクルパンツ / メンズファッション インスタ / メンズファッション イタリア / メンズファッション イラスト / メンズファッション 色合い / メンズファッション インナー / メンズファッション 色気 / メンズファッション 一式 / メンズファッション italy / メンズファッション 海 / メンズファッション 腕時計 / メンズファッション wear / メンズファッション 雨 / メンズファッション エスニック / メンズファッション exile / メンズファッション エレガント / メンズファッション エスサイズ / メンズファッション おしゃれ / メンズファッション 大きいサイズ / メンズファッション オシャレ / メンズファッション おすすめ / メンズファッション お兄系 / メンズファッション オラオラ / メンズファッション オヤジ / メンズファッション オーバーサイズ
ページトップへ