やはりお金持ちはモテるのか?

男性なら誰しも一度は憧れるもの。

それは「ハーレム」。

毛皮のマフラーに高級なダブルのスーツを身に付け、赤ワインのグラスを傾け、セクシーな女性に囲まれながら・・・そんな、夢物語のような風景ですが、結構皆さん、自分事として想像したことが無いと言う人が意外に多いと聞きます。

いわゆる「ハーレム」という状態はイメージできても、その主人公に自分を置くことが何となく違うような気がするというのです。

なんか、得も言われぬ違和感があるということですね。

 

ではなぜ、ハーレムを想像した時にそういう感覚になってしまうのでしょうか?その一つには、仮にそういう状態になった自分への嫌悪感が関係していると考えます。

ハーレムなんて贅沢この上ないのに嫌悪感ってどういうこと?と一見思いがちですが、本当に自分がハーレムを求めているかを冷静になって考えてみてください。

どうですか?え、やっぱりりハーレムが良い(笑)まあまあ、正直でなりよりです。

 

さて、冗談はさておき、ここでテーマにしたいのが、やはりお金持ちはモテルのか?ということについてです。

前述のハーレムにしてもそうですが、シンプルな話お金があれば一時的なハーレムは非現実的な妄想ではありません。

現に、今もそういう状態を体験している男性は世界広しですからどこかにいることと思います。

しかし、そういった美味しい思いをしている男性のことを見て、「あの人はモテている」と感じるでしょうか?そりゃあ、女の子に囲まれていればモテているでしょ。

というご意見もあるかと思います。

じゃあ、あなたは「それだけ」でいいのですか?というそこの問題が大事ということです。

 

少し遠回りに聞こえるかもしれませんが、自分にとって「理想のモテてている状態」を明確にしてみることが「モテる」ための第一歩になります。

ハーレムのように、とにかく一人でも多くの女性に囲まれてあらゆるサービスを受けたいのか、それとも女性の人数に価値を置くのではなく深い精神的な繋がり持てる関係を求めているのか、そのあたりをハッキリさせることが「モテる」ための近道であるということなのです。

 

お金持ちがモテると感じ、なおかつ羨望を持つ人は表面的なふれあいを重視しているかもしれません。

もちろん、表面的なふれあい自体は良くも悪くもどちらでもありません。

その人が求めているのであれば、それで良いというだけの話。

なにも問題はないのです。

じゃあ、ここで考えていきたいのはなにかというと、お金持ちというのが「状態」でしかないという点です。

つまり、その状態だからモテているということは、状態が変わったとしたらモテなくなるのかということ。

現実にはそういった類の話は良く耳にしますよね(笑)

とはいえ、今回は「単にお金持ちは本当の意味でモテているわけではない」ということを声高らかに言いたいということではないのです。

せっかくモテ学に真剣な皆さんに読んでいただいているのですから、なんとしてでも何かしらの気付きにつなげていきたいところ!では本題に行きますので早速メモのご準備を(笑)

まず、お金持ちがなぜモテるのかというところを考えてみたときに、多くの人が「お金=人気」だろ?というステレオタイプな解釈をしがちですが、せっかくモテる要素を目にしているのにそんな浅いデータで満足しているのはもったいないです。

そこで、発想の切り替えが肝心になります。

「お金持ち=お金=人気」という解釈を一旦離れて、お金持ちの共通点を探してみましょう。

すると、そこにお金に関係なくモテるための要素が隠れているのです。

 

まず、お金持ちの人というのは往々にして「余裕」があります。

この余裕というのは精神的なものも経済的なものも含まれていますが、いずれにせよ余裕があることで物事への接し方にその特徴が顕著に表れてきます。

一例として、「おおらかである」、「自身がある」、「些細な事で動じない」など、周りに与える男性的な印象が強化され、結果的に女性にモテるということに繋がっていくのです。

 

また、もともとのお金持ちでない限り、大金は何かしらの成果を出さなければ多くの場合得られないものです。

その大金を持っているということは、自分の才能を開花させ経済的な成功につなげられたということですからその過程で得たであろう、継続的に物事に取り組む姿勢や考え方、また目標に対する集中力などが人間的な成長を伴わせたことが大いに考えられます。

こういった人には男女問わず尊敬や好意を持ちやすいということがわかりますよね。

 

お金持ち以外でも、あなたが「こういう人はモテる」というイメージを持っているのなら、そういう人達がなぜモているのかを考えることで、モテるためのヒントがたくさん得られると思います。

そして肝心なのは、そのヒントの中で自分が「こうなりたい」と思えたものを実践し身につけていくことができたら、結果もきっとわかりやすく現れてくるはずです。

何事も勉強。

モテるために日々精進していきましょう!

 

以下のようなファッションワードで検索してみてください。

メンズファッションブランド / メンズファッション トレンド / メンズファッション 冬 / メンズファッション シンプル / メンズファッション 夏 / メンズファッション 秋 / メンズファッション 系統 / メンズファッション 30代 / メンズファッション 靴 / メンズファッション 秋冬 / メンズファッション アクセサリー / メンズファッション アメカジ / メンズファッション アウトドア / メンズファッション 青パンツ / メンズファッション 赤 / メンズファッション アンクルパンツ / メンズファッション インスタ / メンズファッション イタリア / メンズファッション イラスト / メンズファッション 色合い / メンズファッション インナー / メンズファッション 色気 / メンズファッション 一式 / メンズファッション italy / メンズファッション 海 / メンズファッション 腕時計 / メンズファッション wear / メンズファッション 雨 / メンズファッション エスニック / メンズファッション exile / メンズファッション エレガント / メンズファッション エスサイズ / メンズファッション おしゃれ / メンズファッション 大きいサイズ / メンズファッション オシャレ / メンズファッション おすすめ / メンズファッション お兄系 / メンズファッション オラオラ / メンズファッション オヤジ / メンズファッション オーバーサイズ
ページトップへ