モテメンファッション。最低限これだけは守ろう

世の中には2種類の男性がいます。

それは、モテる男とモテない男という、なんとも厳しくも公平な現実です。

「え?公平なんてそんなわけないだろう!」とか「生まれながらにしてイケメンと、そうでない人間がいることについては、どう説明するんだ!」など、非モテ連合軍の皆さんの声が聞こえてきそうですが、まあまあ、ちょっと最後まで聞いてくださいよ。

 

たしかに、顔や背格好などの容姿については才能という括りに確かに入ることは一般論として異議はなにもありません。

しかし、ここで整理しておきたいのは、モテることとイケメンであることはイコールではないということです。

厳密に言えばモテるための条件にイケメンであるかという項目は必須ではないということ。

仮にイケメン=モテるという風潮があるのであれば、それはモテている人の中にイケメンが多いというだけの話です。

ん、ちょっと混乱してきましたかね(汗)なんとなく腑に落ちなくても、とりあえず一旦その考え方は置いておき、「イケメン」ならぬ「モテメン」について考えてみましょう。

 

皆さんはモテメンと聞いてどういったイメージを浮かべますか?顔がジャニーズ系であるとか、紳士的であるとか、優しいとか、女性の扱いを心得ているなど、漠然としていたとしても、具体的にいくつかポイントが上がってくるのではないかと思います。

では、次のステップとして、そのモテメン要素が一つしかなかったとしたら、その男性ははたしてモテるのか?ということについて考えてみましょう。

 

よく女性が男性を悪く言ったり、低評価する際に使われる言葉に「○○だけの男」という言い回しがあります。

例えば「優しいだけの男」、「顔が良いだけの男」、「お金を持っているだけの男」といった具合に、優れている点は認めるけれども逆にその強みが裏目に出てしまったり、ちょっとその他の面でマイナスがあるとその強みが掛け算になってマイナスが倍増してしまうという、世にも不思議な現象です(笑)多くの男性の皆さんは、うんうんと頷かれていることだと思いますが、女性の物差しというのはとても移り気なものなので、是非とも折れない心を持っていただきたいところ。

しかし、この「○○だけの男」という殺傷力抜群の文句に、あまり適用されない男性の性質が一つあります。

何だと思いますか?それは、「性格が良いだけの男」です。

 

この「○○だけの男」という評価は別の見方をすると「男性のコンプレックス」と密接な関係があることに気が付きます。

たとえば、素朴なルックスの男性はジャニーズ系の男性に対し、背の低い男性は背の高い男性に対し、経済力が低い男性は経済力の高い男性に対し、それぞれコンプレックスを感じてしまうことが多いとされています。

しかし、性格の良い男性に対しては、周りが皆好印象を持ちますので結果的に敵が少ない状態になります。

俗にいう「愛される人間」のことですね。

モテメンを目指すにあたって、この愛される人間への見るべきポイントは「敵が少ない」という部分です。

 

では、モテメンになるためにどうやって敵を少なくするかというと、老若男女から使われている男性への褒め言葉に「さわやか」という非常に力を持った言葉があります。

「爽やかである」男性というのは不思議と敵を作らないので、まず目指すべきところは爽やかささをいかにして演出するかということろでしょう。

女性が男性に対しさわやかさを感じるポイントは多々あると思いますが、一番わかりやすく爽やかさを感じるのは、その男性のファンションに対してでしょう。

服装はもちろん、髪型や体形なども含めて全体的な雰囲気がつくられますから、ファッションを工夫することで手っ取り早く爽やかさをアップさせることが可能になります。

 

まず、爽やかさを演出するうえで非常に大切なポイントは清潔感です。

言葉で清潔感というとぼんやりしたイメージになりますが、具体的にファッションで気を付けるポイントとしてはサイズ感を意識するということがとても重要です。

体のシルエットが生きるようにジャストサイズが理想ですが、抵抗がある人はだぼっとしない程度に若干(ほんの少しだけ)余裕のある、動きやすいサイズでもOKです。

このサイズ感だけを最低限守って意識するだけでも、グッと周りに与える爽やかさの印象がアップしますので、ぜひすぐにでも取り入れてみてください。

 

清潔感をアップさせるというと単純に新しくて、おろし立てのまっさらな服を着る方が重要なのでは?と思う人もいるともいますが、実はここに見落としがちな落とし穴があります。

たしかに、摩耗や色落ちがなく素材が綺麗な服を着ていれば「清潔」であることに違いはありません。

しかし、大きすぎる服やピチピチの窮屈な服を着ている人を見ると、人は強く違和感を覚えてしまうのです。

仮に小さい子供がサイズの合っていない服を着ていたのであれば、その違和感さえも「かわいい」とう価値観に変換されますが、これはなぜか一定期間の年齢の子供にしか適用されません。

そんなわけないと思う人は、身内や知り合いがサイズの合っていない服を着ている姿をちょっと想像してみると面白いですよ。

 

 

以下のようなファッションワードで検索してみてください。

メンズファッションブランド / メンズファッション トレンド / メンズファッション 冬 / メンズファッション シンプル / メンズファッション 夏 / メンズファッション 秋 / メンズファッション 系統 / メンズファッション 30代 / メンズファッション 靴 / メンズファッション 秋冬 / メンズファッション アクセサリー / メンズファッション アメカジ / メンズファッション アウトドア / メンズファッション 青パンツ / メンズファッション 赤 / メンズファッション アンクルパンツ / メンズファッション インスタ / メンズファッション イタリア / メンズファッション イラスト / メンズファッション 色合い / メンズファッション インナー / メンズファッション 色気 / メンズファッション 一式 / メンズファッション italy / メンズファッション 海 / メンズファッション 腕時計 / メンズファッション wear / メンズファッション 雨 / メンズファッション エスニック / メンズファッション exile / メンズファッション エレガント / メンズファッション エスサイズ / メンズファッション おしゃれ / メンズファッション 大きいサイズ / メンズファッション オシャレ / メンズファッション おすすめ / メンズファッション お兄系 / メンズファッション オラオラ / メンズファッション オヤジ / メンズファッション オーバーサイズ
ページトップへ