女の子にモテるスポーツとは?

男性の皆さん、モテ学にいそしんでいますか!モテるためには一に努力、二に努力、三四が無くて、五に努力・・・だけとは言いませんが、やはり何かしら自分磨きを続けることが最良のモテる方法には変わりありません。

ではなぜ、世間では自分磨き=努力というイメージが根強くあるのでしょうか?これ、不思議に感じてしまいます。

何が不思議かっていうと、この「努力」という部分が非常にひっかかるのです。

はい。

のどにひっかかる魚の骨並みにひっかかります(笑)

日本人は特に武士道の精神が根底にあるのか、あるいは清貧の資質や昔からのしつけの影響も色濃くある気がしますが、どうしても何かを成し遂げる際に「努力」を最優先事項あるいは必須事項として考えがちです。

勉学においてもビジネスにおいても、そして恋愛においても然り。

特に男性の皆さんにとって「いかにモテるか?」という問題は、人生のかなりの優先順位上位に位置していると思いますが、そこにも付いて回るのが「努力」というものです。

「そうなんだよなぁ・・・(ため息)」という声が聞こえてきそうですが、ここで冷静に考えてほしいのが、結論、努力すれば誰でもモテるのか?という点です。

 

最初に断っておきますが、もちろん努力によってモテることは可能です!それは誰であっても同様にです。

しかし、重要なのはその努力が「自分に向いているか」という適正の部分を考えてみること。

つまり「自分に合わない努力」、厳密に言えば「楽しくない努力」は結果的に続きませんから、単にただ努力すればいいということではないと思うわけです。

ですから一番は好きなことを追求して、自分がイキイキした状態になることがモテるための近道ということです。

 

とはいえ、何をしたら自分が楽しく感じるかわからない、という人も少なくないと思います。

そういった人は試しにいろいろなことに挑戦してみるという方法がおすすめです。

そこで、せっかく挑戦するのであればモテることに繋がりやすいことがいいですよね?であれば、まずは「モテる男の定番」であるスポーツに着眼してみましょう。

 

世の男性を見回したときに、モテるタイプという「型」がいくつか存在すると思います。

たとえばわかりやすく「社長」とか「医者」とか経済力を象徴する職業の人ですね。

この場合、注意してみてほしいのが個人要素がないというポイントです。

つまり、「社長」や「医者」というだけでモテるというスタートに立っているということ。

よく巷では、経営者や医者などの高スペック男性だけ抱えた出会いの企画を目にします。

人格的にどんな人が集まるかもわからないというのに、エントリーする女性が一定数いるということが、まさにこの「型」の効き目を証明していますね。

 

ではさらに属性を広げてみると、スポーツマンというモテる「型」があります。

前述の「社長」や「医者」は経済力という人格と距離がある要素であったので、それに集まる女性の価値観もある程度想定できます。

いくら美人でもそういったステータス重視型の女性はちょっと・・・という男性は、スポーツマンという「型」に自分を当てがっていく方法が良いでしょう。

女性がスポーツマンに対し抱いている印象は「たくましい」、「さわやか」、「男気がある」というように、性格などの内面についてが大部分です。

もちろん、その女性自身がスポーツ好きで相手の男性とも同じスポーツの楽しさを共有したいという人も多くいますが、そういった場合でも価値観を分かち合うという精神的な繋がりへの欲求をみてとれますので、男性としてもスポーツを通じて女性の内面を知ることのできる良い機会といえます。

 

スポーツといってもいろいろな種目がありますが、ぶっちゃけ皆さんが気になっているのが「女の子にモテるスポーツとは?」どんなのなの、ということですよね?

これは女性の年齢によっても若干異なりますので大雑把な傾向として捉えて欲しいのですが、やはり人気の「モテるスポーツ」は国民的競技に集中しているようです。

サッカー、野球、バスケット、テニスといった「汗」が似合う種目ですね。

これは、小中学校を思い出してみると納得できると思いますが、皆さんの学生時代にもモテていた同級生の多くは運動部に所属していたのではないでしょうか?

さらに、深くうなずいてもらえると思いますが「足が速い」というだけで小学校ではモテたりする傾向がありませんか?「うんうん、そうそう!」と多くの同意が得られたことだと勝手に想像しますが(笑)

やはり、本能的に人間は運動することによって、あるいは運動能力が高いことによって何かしらの「フェロモン」がでているのではないかと思うのです。

科学的には運動すると男性ホルモンの分泌が促進されるといわれていますから、モテることとスポーツとは非常に相性が良いと感じますね。

 

そして、忘れてはいけないのが、スポーツを始めることで出会いのキッカケが増えるということです。

自称、非モテの皆さん!善は急げ。

さっそく今日から自称、スポーツマンへ転向て良い汗流ししましょう!

 

以下のようなファッションワードで検索してみてください。

メンズファッションブランド / メンズファッション トレンド / メンズファッション 冬 / メンズファッション シンプル / メンズファッション 夏 / メンズファッション 秋 / メンズファッション 系統 / メンズファッション 30代 / メンズファッション 靴 / メンズファッション 秋冬 / メンズファッション アクセサリー / メンズファッション アメカジ / メンズファッション アウトドア / メンズファッション 青パンツ / メンズファッション 赤 / メンズファッション アンクルパンツ / メンズファッション インスタ / メンズファッション イタリア / メンズファッション イラスト / メンズファッション 色合い / メンズファッション インナー / メンズファッション 色気 / メンズファッション 一式 / メンズファッション italy / メンズファッション 海 / メンズファッション 腕時計 / メンズファッション wear / メンズファッション 雨 / メンズファッション エスニック / メンズファッション exile / メンズファッション エレガント / メンズファッション エスサイズ / メンズファッション おしゃれ / メンズファッション 大きいサイズ / メンズファッション オシャレ / メンズファッション おすすめ / メンズファッション お兄系 / メンズファッション オラオラ / メンズファッション オヤジ / メンズファッション オーバーサイズ
ページトップへ