モテる男のトーク術とは?

「男は黙ってサッポロビール」なんていうCMが流行っていた時代がありますが、昔から多くを語らない寡黙な男性が「イイ男」の代名詞のようになってきた風潮があります。

口下手で純日本的「イイ男」を多く演じてきた高倉健さんが作品中に「自分、不器用ですから・・・」という有名なセリフを言いましたが、どこかそのイメージが未だに強烈に日本中に漂っている感じがします。

その対象に、オリエンタルラジオの藤村さんが流行らせた「チャラ男」という軽くておちゃらけな男性像がありますが、女性からみると若干嫌われているような傾向も見受けますよね。

 

とすると、やはり女性にとってはへらへらして口数の多い「チャラい男性」よりも、多くを語らず察してくれという「寡黙な男性」の方が魅力的なのでしょうか?これ、ある意味ではそういうことになり、ある部分においてはそうでもないといえるような気もします。

ん?言っていることがわからない??まあまあ、そう言わず(笑)順を追って解説してみますので、しばしお付き合いを。

 

まず、モテる男というは「どういう状態の男性のこと」を指すのか?という部分を明確にしていきたいと思います。

モテる男というと文字通り目がハートになった多くの女性からキラキラ光線のような眼差しを受けている男性のイメージが浮かんできます。

このとき、その男性はモテているといえるのでしょうか?たしかに、ジャニーズ系のアイドルのように女性から黄色い声援を送られ、街で見かければやれ握手だのサインだのといった具合にミーハーな女性に反応されている男性を目にしたら、やはりわかりやすくモテていると感じるかもしれません。

しかし、ここでハッキリさせておきたいのは、あなたが女性からキャーキャー言われたいだけなのかという点です。

極端な話、会話やスキンシップなどが一切なかったとしても、騒がれるだけで満足なのか?ということですね。

 

いや、それは嫌だ!と多くの男性は声をそろえるのではないでしょうか?そうですよね?モテるというのは、その先にある楽しいことを女性と共にしたいという願望の表れのはずです。

デートしたり会話したりスキンシップを取ったりと、そのには確かなコミュニケーションが存在してはじめて、「俺ってモテ組だなぁ」と悦に入れるわけです(笑)

となると、単に外見や雰囲気だけを磨いて女性を引きつけたとしても足りないということになります。

そこから先、あるいは自分の外見をすっとばして(笑)女性を虜にするためには無くてはならない技術があります。

それは、トーク術です。

モテる男になるためには、乙女心をしっかりと握れる話術が必要不可欠なのです。

 

では、モテる男のトーク術とは?具体的にどういったところをおさえれば良いのでしょうか?まずは、そのために女性心理を理解する必要があります。

多くの女性は例外がないといっていいほど「自分の話を聞いてほしい生き物」です。

女性にとって自分のことというのは多岐にわたりますが、正直なところどんなないようであっても「この人は話を聞いてくれた」という事実を女性側に感じさせられれば、十分クリアです。

女性は自分の話を聞いてもらったと感じると、概ねその男性との会話が楽しかったという印象が強く残るという話も良く耳にします。

つまり、「話を聞く=乙女心を掴む」という方式がみえてきますね。

 

話を聞けばいいのはわかったけど、具体的にどういう流れで聞き役になればいいの?と、お思いのあなた!焦らずあせらず、もうちょっと聞いてくださいな。

こういうテクニックを紹介するとを男性の中には「じゃあ、黙ってればいいいんだな」という人がでてきますが、聞き役になると言っても、こちらがなんにもしゃべらないわけではありません。

しゃべらなければ会話自体が成立しませんから、そこは早とちりしないように注意してくださいね。

 

会話の中で「聞き役」になるためには、ひとつおさえておきたいシンプルなポイントがあります。

それは、「質問する」ということです。

相手の話に聞くためには、この質問力が高ければ高いほど話を引き出すことができますので、それゆえ上手な聞き役になることができるのです。

ではどうやって質問するかというのが問題になりますが、有効なテクニックとしては「相手が興味を持っている話題に話の方向をもっていく」という方法が非常に効果的です。

 

単に、相手の個人的なプロフィールや生い立ちなどを質問攻めにするのはNGですから、どんな相手にも無難に切り込める「最近の関心事」についてジャブを打ち、様子を見ながら相手の話しぶりや姿勢の変化などに注意を払い、こちらが質問していないのに相手がどんどんそのことについてしゃべってくる話題にもっていければ概ね成功です。

つまり、その話題は相手が関心をもっている証拠ですから、質問力にあまり左右されずに会話の波を作りやすいわけです。

モテる男を目指し、このポイントを意識して果敢にトークに挑戦してみましょう!

 

以下のようなファッションワードで検索してみてください。

メンズファッションブランド / メンズファッション トレンド / メンズファッション 冬 / メンズファッション シンプル / メンズファッション 夏 / メンズファッション 秋 / メンズファッション 系統 / メンズファッション 30代 / メンズファッション 靴 / メンズファッション 秋冬 / メンズファッション アクセサリー / メンズファッション アメカジ / メンズファッション アウトドア / メンズファッション 青パンツ / メンズファッション 赤 / メンズファッション アンクルパンツ / メンズファッション インスタ / メンズファッション イタリア / メンズファッション イラスト / メンズファッション 色合い / メンズファッション インナー / メンズファッション 色気 / メンズファッション 一式 / メンズファッション italy / メンズファッション 海 / メンズファッション 腕時計 / メンズファッション wear / メンズファッション 雨 / メンズファッション エスニック / メンズファッション exile / メンズファッション エレガント / メンズファッション エスサイズ / メンズファッション おしゃれ / メンズファッション 大きいサイズ / メンズファッション オシャレ / メンズファッション おすすめ / メンズファッション お兄系 / メンズファッション オラオラ / メンズファッション オヤジ / メンズファッション オーバーサイズ
ページトップへ